S様邸 外開きドア カバー工法

あらためまして

皆様!明けましておめでとうございます!

本年も株式会社創基を何卒宜しくお願い申し上げます!

さてさて!1月7日より創基は元気にスタートしております!

 

2019年最初のブログは・・・・

勝手方向を交換して欲しい・・・コストも考えながら・・・というご相談!

※こちらは幅1メートルの通路でして、写真手前から出入りされてらっしゃいます。

〈Before 握り玉が右です)

左勝手の親子ドア Before

 

一番お安くできる方法は建具を反転し、蝶番加工をし、ガラス・パネルを入れ替える。。。
コストは一番安いと思いますが、こちらの工事の場合は現状の穴はふさがらずでございます。

 

でもでも、全交換となると床を斫ったり大工事にもなってしまい、日数もコストもかかります。

 

 

 

そこで提案させていただいたのが・・・・・

〈After 握り玉が左に〉

カバー工法にて右勝手ドアに工事完了 After

 

カバー工法です。

とりあえず古いサッシは取り外してさようなら。
既存の枠を残したまま、その枠を活かして新しいサッシを取り付けるため、床や壁を工事することなく取替えが可能なのです!

 

〈屋内からのBefore〉

左勝手親子ドア(内側より)Before

〈屋内からのAfter〉

カバー工法にて左勝手から右勝手ドアに工事(ライティング効果もありますが仕上がりキレイ)

気になるコストですが、先の反転させる工事と数万円の違いでございます。

間口は数センチ狭くなってしまいますが、またぎの高さは変わりません。

施工時間は4時間・・・

お父様が出入りしやすいように、介護しやすいようにということもあり、時間も重要でございました。

お客様には大変喜んでいただけた・・・と思っております!

 

カバー工法により短時間で仕様変更が可能となりました!

もし同じように不便さを感じていらっしゃるお宅がございましたら是非ともご相談くださいませ!

S様ありがとうございました!

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です